レディ
  1. ホーム
  2. カンジタ膣炎の再発とは

カンジタ膣炎の再発とは

頭を抱える女性

カンジタ菌が増殖してしまう理由とは

カンジタ菌は、基本的に普段は悪影響を与えないものです。しかし体調不良や過労などから身体の免疫力が下がると以上に増殖をしてしまう場合があり、この以上に増殖したカンジタ菌が身体に様々な症状を起こしてしまう事があります。女性の場合は妊娠中など免疫力が低下してしまうことが多くあるため、妊娠中に発症してしまう人が多いのもこういった理由からになります。他にも、ストレスからもカンジタ菌が繁殖する原因になります。また、男性にもカンジタ菌は常在していますが、このカンジタは女性から男性にも感染してしまうことも多いです。

カンジタは再発する可能性がある

カンジタは一度症状が収まったと思っても、ふとしたきっかけで再び増殖して発症する場合があります。カンジタ菌自体は元々膣内に常在しているものですので、また増殖して再発するのを予防する必要があります。予防するためには、カンジタ菌が繁殖しやすい環境を作らないよう心掛けることが大切です。再発を防ぐための効果的な対策としては、通気性の悪い下着や服の着用を避けたりすることと、抗生物質などの薬剤を必要以上に使用したりしないようにすることが必要となります。また、ストレスが関係してくることも少なくないため、なるべくストレスを溜め込まないように、適宜発散していくことも大切です。妊娠中である場合などは、免疫力を作るために乳酸菌などを摂取するといいでしょう。