レディ
  1. ホーム
  2. カンジタ膣炎の期間と治療

カンジタ膣炎の期間と治療

下を向く人

カンジタ膣炎の具体的な治療期間とは

カンジタ膣炎は治療を始めてから数日で症状が軽くなることもおおいですが、具体的な治療期間は1週間から2週間程度と言われています。多くの場合は長くても2週間程度で改善しています。中には症状が軽くなった時点で治療を止めてしまう人も居ますが、再発も多い病気ですので、途中で止めてはいけません。医師から治療終了の診断を受けるまで、必ず治療を続けるようにしましょう。また、期間中の性交についても再発や感染の恐れがでるため控えるようにしましょう。

治療中に生理になってしまったら

カンジタ膣炎は膣洗浄を行ったり、膣に錠剤を挿入したりすることによって症状を改善させていくのですが、生理中は膣錠を挿入していても、経血と一緒に体外に排出されてしまいます。そのため、膣錠の効果がしっかり出なくなってしまいます。そのため、生理中はカンジタ膣炎の治療を行いません。整理が終わってからまた再スタートする流れになります。また、生理中は経血と一緒にカンジダ菌も体外に排出されることがあるため、生理期間中はまた殆ど症状を感じなくなる方なども居ます。しかしかゆみなどの症状が出てしまう場合などは、医師に相談するようにしましょう。生理が終わったタイミングで治療を再開する必要があるため、症状が和らいだからといって、上記のように治療を止めてしまわないよう注意しましょう。改善後に再発してしまう場合などは、市販薬でも改善することもありますが、基本的には婦人科などで治療を受けた方がいいでしょう。